映画 木漏れ日の家で で涙する

「木漏れ日の家で」岩波ホールで、公開され話題になった作品が、
なんと近所のワーナーマイカルで上映しているということで、
観に行きました。

ポーランド映画です。
ハリウッド映画のすべてを押し付けるような、絶対ハッピーエンド!!みたいな感じもない、
本当にヨーロッパ映画らしい映画です。
全編モノクロで、
ストーリーは91歳になる凛とした老女と、愛犬フィラ(なんとボーダーコリーです)
との暮らしの中で、人生最後の決断をする過程が描かれています。
最後は心がじんと熱くなって、涙が出ました。
愛犬のボーダーがまたいい味でてるんですよ!!
ある意味ボーダーっぽいというか(笑)
モノクロだから、ボーダーにしたのかな~?なんて思ったりしました。
だってカラーだったら、多分ゴールデンかラブだったと思うんですよね~
お友達の仁くんにとっても似てるんです。

映画ですから賛否両論あるとは思いますが、
ヨーロッパ映画がお好きな方にはお勧めの1本です。
[PR]
by chappy_nw | 2011-07-21 17:25
<< かわいい暑中お見舞い 名栗湖でカヌー遊び >>