PH検査としまりのない犬

e0093802_9443091.jpg
ちょこっと触れていましたが、チャッピー膀胱炎の疑いで処方食を食べてました。
私の足元で寝ていてふと立ち上がったら、水溜りができてたのです。
その前にもちょこっと怪しいふしがあったので、あわててその液体を採取、翌日獣医さんに尿検査してもらいました。
そしたら、PHがとっても高くさらに白血球も出てるといわれて、石はなかったのですがとりあえずPHを下げるよう努力してました。先日、PHは下がりましたがおもらしは相変わらずです。
膀胱炎になる原因のひとつにおしっこをするときのしゃがむ位置がものすごく地面に近いというのもあるらしいです。確かにチャッピーは低い!
これ、ネットで買ってみました。左の試験紙の真ん中あたりに尿をつけると色が変わります。
すると上下についている色に近くなった値がPH値らしい。
これで時々チェックして高くなっていないかチェックすることにしました。
でもおもらしは原因が違うみたい。
いろいろ調べていたら、どうも避妊手術した雌犬に時々あるらしいのですが、
いわゆるしまりが悪くなるらしいのです。
うれしょんとかしちゃうタイプなのです。
でも1年中そうなわけでもなく、急に暑くなってきて摂取する水の量も増えたことと、
生活のリズムが少し変わったのでそれもあるかもと。
とにかくトイレ時間になったら刺激を与えて、自らトイレへ行くように促してます。
前までは家のトイレでも上手に出来ていたのに、今は食事後以外はなかなかトイレへ行こうとしないんです。
なもんでトイレの位置を変えてみたり雰囲気変えてみたり、
とにかくいろいろ試してます。でないとそれでなくても梅雨でジメジメしてるのに、
チャッピーのおもらしでさらに家がやばいことになっちゃいます。
[PR]
by chappy_nw | 2009-06-30 10:01
<< 土曜日大会で万歳とがっくりの巻 PC不調から復活!! >>